元彼と、出来ることなら復縁したい。

もっと欲を言えば、結婚したい。

 

でもどうやって、復縁、結婚までいったのか知りたいけど、

周りに復縁カップル、復縁夫婦が、なかなか居ない><

 

復縁カップルのエピソードを聞いて、自分のモチベーションを上げたい!

復縁夫婦のエピソードで、自分も運を上げたい!

 

って思っている、あなた!

 

ここに居ます!!

 

私は、人生で1番好きになった元彼と、7年越しに復縁を果たし、結婚しました。

出会ってから、結婚するまでの、私と元彼(今の主人)の、エピソードをお話していきますね。

 

 

 

元彼との復縁エピソード。出会いから別れまで。

友人の紹介で知り合った私たち。

毎日、連絡を取り合って、ついに会うことに。

 

初めて会ったのは、10年前の1月1日になった瞬間でした。

 

完全に、私は一目ぼれ。

そのまま、食事に行くことになり、お互いのことを話しました。

 

チャラそうに見えるのに、将来の夢をしっかり持っていて、年下なのに、しっかりエスコートしてくれて、どんどん惹かれていきました。

 

それから私は、彼の笑いのセンスや、甘えんぼなところ、自分の意見をはっきり言うところ、全てに惹かれていき、

付き合うまでほぼ毎日会っていました。

 

夜の鴨川で、初めて手を繋いだとき、

今までの人とは違う、ときめきを感じました。

 

バイトがある日も会いに行ったり、風邪をひいたときも

お見舞いに来てくれたり、毎日がキラキラしていて、

楽しくて、うまくいっていると、思っていました。

 

でも、別れは突然で、付き合って2カ月半程経った日の朝、

「別れよう。」とメールが。

 

信じられなかった私は、とにかく話がしたいと説得し、

私たちが、始まった鴨川で話をすることになりました。

 

会ったとき、彼はおそろいのネックレスも、ストラップも

外していて、「あぁ、本当に終わるんだ。」と実感しました。

 

泣いてすがりつく私に、困った顔で「ごめん。」と言い続ける彼の姿を、見るのは辛かったけど、

たった2ヵ月半で、こんなに彼のことが、好きになっていたんだと改めて、実感させられました。

 

後日、元彼のお母さんから渡したいものがあるということで、

地元まで来てもらいました。

その時は、完ぺきにメイクをして、今までで1番可愛い私で会うと決めていました。

元彼にとって、少しでも、きれいな思い出として残してほしかったし、

もったいないことしたと、思わせたかったからです。

 

少し話をして、「もう期待させたくないから、連絡も取らないし、会わない。」

すごく傷ついたけど、「分かった。」と笑顔で別れました。

 

 

 

元彼との復縁エピソード。あなたは都合のいい女にならないで。

それから数カ月、出来るだけ、元彼のことを考えないように、生活していました。

 

ある日の夜、携帯のライトがピンクに光り、まさかと思って電話を取ると、

元彼からの着信。

 

元彼の声を聞いた瞬間、

ずっと、考えないようにしてきたのが無駄だったと思ってしまうくらい、

一瞬で気持ちがあの頃に戻り、やっぱり好きだ。

と、再確認しました。

 

それから、また頻繁に連絡を取り合い、いつの間にか、会うことも増えました。

ただ、あの頃と変わっていることがふたつ。

 

一つ目は、私たちはもう恋人同士じゃないということ。

二つ目は、元彼には新しい彼女がいる、ということ。

 

すごく辛かったけど、「会ってくれるということは、望みがあるんだ。」という、かすかな希望と、

「元彼への気持ちは、誰にも負けない!」という強さだけで、自分を保っていました。

 

正直にいうと、浮気相手の時期も、体だけの関係の時期もありました。

どんなに、私の気持ちを伝えても、受け止めてもらえず、曖昧なまま。

 

でも、会えるだけで満足だと、あの頃の私は、私を大切にしていませんでした。

 

だから、今、強く言えます。

 

あなたは、そんな風にならないでください。

体だけの関係の時期があったから、復縁出来たと、思ったことは一度もありません。

むしろ、あの時期があったから、こんなに時間がかかったんだと思います。

だから、出来るなら、あなたにはこんな辛い思い、みじめな思いはしてほしくない。

自分の体を、大切にしてください。

 

話がそれてしまいましたが、この関係が1年程続き、久しぶりに、食事に行った時、

私は気付いてしまいました。

 

今、ここに居る元彼は、私の好きだった頃の元彼じゃない、と。

 

私の気持ちを伝え続けているのに、受け止めてくれない。

受け止めているフリをしてキープしようとする、ずるさ。

そのくせ、好きな女の子の話をしてくる無神経さ。

 

ギャンブルにハマり、ずっとその話でつまらない。

 

私は、何をしているんだろうと、と我に返り、それから会うことをやめました。

 

 

 

元彼との復縁エピソード。3年ぶりの再会。見違えるように成長していた元彼。

数年経ち、私もいろいろありました。

他の人と、結婚、出産、そして離婚。

 

ちょうど離婚の準備のため、実家に帰ってきた次の日、携帯が鳴り、

目を覚ますと、知らない番号??

 

いや、元彼だ。

下2ケタを覚えていたんです。

 

相変わらず「元気?」と、元彼の優しい声。

 

「元気ちゃう。笑」

 

会わなくなってから、連絡は来ていたけど、

電話は、すごく久しぶりでした。

 

結婚、出産したことも、連絡が来た時に、伝えていたので、

離婚のことも、話を聞いてもらいました。

 

専門的なことを調べてくれ、毎日連絡をとるようになっていきました。

無事、離婚も決まり、落ち着いた頃、

「久しぶりに会いたい。娘にも会ってみたい。」

と、言うので、年明け、付き合ってから初めてのデートコースと同じ、八坂神社へ初詣に行くことになりました。

 

3年ぶりに会う私たち。

正直、緊張は、しませんでした。笑

私が冷めて会わなくなったようなものだし、離婚したばっかりだし、

元彼にも留学中の彼女が居ると聞いていたので、久しぶりの友達に会う感覚でした。

 

駅まで迎えに来てくれて、そこに立っていたのは、昔の茶髪、金メッシュ、ロン毛だった面影は全くない、黒髪、短髪、のまるで別人のような、元彼でした。

全く好みじゃない。

 

「もう好きになることはないな。」

このときは、そう思いました。

 

3人で初詣をし、公園で娘と遊んでもらい、ランチをして解散。

本当に友達として関係を続けられると思いました。

 

でも、それから、3人で会うことも増えていき、元彼の成長した姿を見るうちに、私の気持ちもまた元彼に向かっていっていることに気付きだしたのが6月頃。

7月には海へ行き、8月には再会後、初めて二人で出掛けました。

 

そして9月、彼女が日本に帰って来る日。

元彼が選んだ答えは、彼女と別れて、私との関係を、前向きに考える。でした。

 

ここから最後の「友達としての再スタート」を切ることになりました。

 

 

 

元彼との復縁エピソード。復縁のきっかけ。

それから数カ月経ち、私がピンチになったとき、やっぱりすごいタイミングで、電話をかけて来て、すぐに駆けつけて来てくれたのが元彼でした。

 

「やっと、分かった。こんなに待たせてごめん。好きや。」と、

抱きしめてくれたとき、涙が止まりませんでした。

 

それから数日後、改めて告白をしてくれて、復縁することができました。

 

この7年間くらい、私に何かあった時、いつも手を差し伸べてくれるのは、なぜか元彼で、

いつも暗い悲しいところから、ひっぱりあげてくれるのも、元彼でした。

 

7年前の無神経でチャラくて、つまらない元彼は、

そこに居なくて、出会った頃よりも、もっともっと、

たくましく、頼りになる男性になっていると、改めて気付かされました。

 

交際が始まって喧嘩もしたけど、私なりに成長した自分も見てもらえるよう、

服装やメイクの外見から、自分の意見を言うようにしたり、依存しないよう、自分のやるべきことを優先したり、内面も磨く努力をしました。

 

 

 

復縁エピソード。この日を待ち続けていた、プロポーズ。

付き合いだして2年半程経った、8月。

「職場まで迎えに行くから、二人で会いたい。」と、連絡がありました。

久しぶりの二人デート。

 

頭に花を咲かせながら仕事をこなしました。笑

夕方、迎えに来てくれて彼の地元で食事を済ませて、

「ちょっと行きたいところがある。」と。

着いたところは、思い出の鴨川でした。

 

階段に腰をおろして、少しの沈黙の後、「俺ら、いろいろあったよな。」と

口を開いたのは彼でした。

 

初めて会った日からの思い出をひとつづつ、話し始めて、

「あの時は、ごめん。あの頃は、ほんまに適当に生きてて、先のこと考えず行動してた。」

「○○のこと、全然大切にしてなかった。○○のこと、いっぱい傷つけた。」と、

あの頃のことを、ちゃんと謝ってくれました。

 

2時間くらい喋った頃、目の前にひざまずいて、

「俺と結婚してください。」と、プロポーズをしてくれました。

 

鴨川で始まって、鴨川で終わった私たちに、鴨川で奇跡が起こりました。

「婚約指輪は、一緒に見に行こう。」と、そのときは腕時計をプレゼントしてくれました。

 

プロポーズも、婚約指輪も憧れで、まさか彼からこの言葉を貰える日が来るなんて、

夢にも思っていなかったので、涙が止まりませんでした。

 

帰りの車内で、Kiroroさんの長い間が流れた瞬間、さらに涙が溢れて、窓から見る景色がいつもよりキラキラ輝いて人生で1番きれいな景色だと、思いました。

 

「○○ちゃんが居てくれる今だから、こういう結果になれたと思う。」と、

娘の存在を1番に考えてくれていたし、

私も、すごくすごく長い道のりだったけど、

遠回りしてよかったと、心の底から思っています。

 

 

 

まとめ

まとめると、

1. 一目ぼれや、復縁からの結婚は、全然ありえる!

2. どれだけ好きでも、都合のいい女になっちゃだめ!

3. 冷却期間はお互いのために必要!

4. 復縁出来たら、お互いに成長すること!

です。

 

私みたいに、どれだけ遠回りしても縁があれば必ず、繋がることはできます。

 

そのためには、その時、その時でちゃんと、今の自分と、今の彼を見つめ直して、

本当にこの人と一緒になりたいか、復縁、結婚するために、それだけの労力と時間をかけてもいいくらい、彼が好きか冷静に考えましょう。

 

それでも、この人しかいないと思えたら、その気持ちを貫いてください。

次は、私のエピソードを読んでくださった、あなたの番です!

あなたが人生で1番きれいな景色が見られますように。

 

 

 

本日の復縁ソング

ケツメイシ/幸せをありがとう

です。

彼がよく歌ってくれる曲です。

 

 

 

筆者からのお願い

復縁に悩まれてる方々に、少しでもお役に立つ情報をお届けできたらと、一生懸命 ブログ書いてます。

もし、よかったら ブログ内に

Facebook

google+

はてなブログ等

のシェアボタンを設置してあるので、ぜひポチッと押してシェアしてもらえると、とても嬉しいです。

あなたの力、少しだけお貸しください。

これからの励みになります!

 

 

.