復縁を望んでいる人から、よく耳にするのが「冷却期間」です。

冷却期間とは、別れてから、一定期間、元彼と連絡を取らずに、頭を冷やして、心を落ち着かせる期間のことで、復縁の可能性をグッと上げるための大切な時間です。

 

でも、この冷却期間のあとのアプローチ方法を間違えてしまうと、せっかくの冷却期間が無駄になってしまいます。

 

そんなことになってしまわない為に、人生で1番好きになった元彼と、7年後、バツイチになってから復縁、結婚できた私が、

冷却期間後の上手なアプローチ方法を、お教えします!

 

 

 

元彼と復縁したければ、冷却期間後の初めての連絡は、思いつき風を装うこと!

しっかり冷却期間を取った後、いざ元彼に連絡しようと思うと、「返事来るかな?」

「この文章、うざくないかな?」と、LINEを何回も読み直してみたり、文章が長くなってしまいがち。

 

でも、あまりにも準備されすぎた内容だと、元彼は引いてしまいます。

文章の長さや内容だけで、復縁したい気持ちがばれてしまうと、返事が来ない可能性があるので、気を付けましょう。

 

まず大切なのは、元彼から返事が来ること。

返事が来ないと、何も始まりません。

 

返事しやすい文章を送ることが、ポイントになってきます。

例えば、「今日久しぶりに、京都に行ってあなたと行ったこと思い出して連絡してみた!最近どうしてる?」とか

「昨日○○(共通の友達)に会って、あなたの話題が出たよ!元気してる?」など、

急に思い出したような雰囲気を出して、連絡してみましょう。

 

別に、嘘でもかまいません。笑

とにかく、元彼と、連絡を取り合うきっかけを、あなたから作りましょう。

 

私の場合、元彼との復縁に7年もかかっているので、お互い、別の恋人が居る時期もあったし、

私が元彼に対して冷めてしまった時期もあったので、連絡を取っていないこともありました。

 

でも、冷却期間を打破してくれたのは、ほぼ元彼でその時の第一声は毎回、

「俺だ。笑」か「元気?」でした。

 

その、連絡を取っていなかった期間が、3日だったとしても、3カ月だったとしても、それ以上だったとしても、

いつも昨日ぶりかのように、自然とメールも続き、会話も弾みました。

 

結果的に、連絡を再開したことで、私の元彼への気持ちが、戻って来て元彼も、復縁する気になってくれたので、

冷却期間後の初めの、連絡は軽めの内容が効果的だということが、分かりますね!

 

とにかく、あまり考えすぎず、思いついた文章、かつ、返事のしやすい内容を意識してみましょう。

 

 

 

復縁するためには冷却期間後、まずは友達としてアプローチしてみましょう!

復縁という、大きな目的を果たすためには、時間と諦めない気持ちが大切です。

冷却期間をしっかり取った、あなたは、復縁というスタート地点に立つために、ゆっくり確実に準備運動をしてきたはずです。

これからは、元彼の気持ちを取り戻すために、元彼の友達として、仲を深めていき、徐々にアプローチをしていきましょう。

 

冷却期間の間に、元彼の、あなたへのマイナスの感情は、かなり減っているはずです。

そうなると、友達としての関係を築くのは、難しいことではありません。

連絡を取り合える仲になっていれば、積極的に食事などに誘ってみましょう!

 

ここで、気を付けるポイントは初めて誘った時の、元彼の反応を見て、次回誘うタイミングを間違えないことです。

もし初めてのお誘いに、乗り気だったり、もし都合が合わず延期になったとしても、元彼から別日を提案してくれれば、あなたへの気持ちは、向かってきてくれていることになります。

 

でももし、あまり乗り気じゃなかったり、断るだけで他の日を提案して来なければ、元彼の気持ちは、まだあなたへ向かっていないので、もう少し時間をかける必要がありそうです。

もし、定期的に会える仲になれば、冷却期間中に磨いた自分を、見てもらって元彼を意識させちゃいましょう!

 

 

 

復縁を望むなら、体を許すことが、アプローチになると思わないこと!

元彼と、友達に戻って会い続けていくと、キスや、それ以上のことを求めてくる場合があります。

 

でもここで、「求めてくれるってことは、復縁を考えてくれているんだ!」と、都合良く考えないことです!

付き合ってもいないのに、一度、体を許してしまうと、女性はどんどん気持ちが大きくなっていきますが、男性は逆。

達成感で、感情が冷めてしまいます。

元彼が、あなたの体を求めてくるのは、愛ではありません。

ただの欲求です。

この欲求が満たされてしまえば、「わざわざ付き合わなくても、ヤレるんだ。」と、軽く扱われてしまいます。

そして雑に扱われたまま、復縁出来ずに曖昧な関係を続けてしまうのです。

 

そんなダラダラとした関係になりたくないなら、初めが肝心!

自分の体を、大切にしましょう。

 

でも、はっきりきっぱり断ってしまうと、元彼と会えなくなる可能性がでてくるので、ここで、上級者テクニック!

「手が届きそうで届かない女」に、なることです。

終電までには絶対帰る。

個室には行かない。

うまく、かわすことで元彼は、あなたを追い始めます。

男性のほとんどは、追いかけるのが好きな生き物です。

 

私は、復縁後、一度ある理由で距離を置かれたことがあります。

 

理由は長くなるので、割愛しますが

距離を置いてから、初めて二人で話し合いをした日、

彼は私のことを嫌いになったわけではないと確信が持てたので、じらす作戦にでました。

 

「やっぱり会うと、好きやわ。」と言われたので、彼のマスクを外して顔を近づけました。

彼は、キスする状況だと思ったみたいですが、それはせず、ぎゅっと抱きしめました。

マスクで口を隠す彼と、それを外し続ける私。

悶えてらっしゃいました。笑

 

でも、最後までじらし続け、その日は終了。

結局、数日後、もう一度話し合いをすることになり、再スタートすることになりました。

 

「あの、じらされたのは、たまらんかった!」そうです。笑

復縁には、ちょっと、じらす小悪魔的なことも必要みたいです。

 

 

 

復縁するには、付き合っていた頃に見せなかったあなたを見せてみることが、最大のアプローチ!

復縁するためには、前に付き合っていた頃とは、違うあなたを見せることで、元彼も新鮮な気持ちになってくれるはず。

1番簡単なのは、付き合っていた頃に隠していた部分を、さらけだすことです。

誰でも、好きな人の前では、ちょっとくらい猫を被っていたはず。

 

例えば、付き合っていた頃、あまり自分の気持ちを言えなかったなら、「ここに行きたい!」「あれを食べに行きたい!」と、

自分から積極的に誘ってみたり、小食ぶっていたなら、食べ歩きに誘ってみたり、ほんの少しでいいので、何かギャップを見せましょう。

 

私の場合、付き合っていた頃は嫌われたくなくて、おしゃべりな性格を隠していたというか、緊張してうまく話せない性格でした。

でも、一度私の方から、気持ちが冷めてしまって再会したときは、元彼に緊張することが、なくなっていたので、たくさん話が出来たし、私がずっと隠し続けていた「天然」が、ばれてしまいました。

 

よく天然と聞くと、あざといとか、男性にはモテるけど、同性からは嫌われるとか、あまりいいイメージがない気がしますが、

私の場合は、自他ともに認める笑える天然です。笑

 

自分でも、思い出し笑いしてしまうような、事件をよく起こしてしまうんですが、

元彼には、バカだと思われたくなくて、隠してきたのに、数年ぶりに再会して、会っていくうちに、どうしても、ばれてしまいました。

 

でも、それが逆に元彼の心を掴んだようで、一緒に居て飽きないと思ってもらえ、復縁に至りました。

 

結婚した今では、私の今日の1日のハプニングを話すのが日課になっていて、毎日笑いが絶えません。

私の中で、隠したかったことがプラスになるなんて、思ってもみませんでしたが、

こんな風に、元彼の気持ちをキャッチする出来事になるかもしれません。

 

一度、勇気を出して、自分をさらけ出してみてください。

 

 

 

まとめ

まとめると、

1. 冷却期間後、一発目の連絡は、思いついた風を装うこと。

2. 冷却期間後、まずは友達としてアプローチすること。

3. 体を許すことは、何のアプローチにもならない。

4. 新しい自分を、さらけ出してみること。

です。

 

大切にしてもらえる女性は、ちょっとくらいずる賢くていいと思います。

うまく、アプローチして冷却期間を上手に使いこなしましょう!

 

 

 

本日の復縁ソング

[KO.A.KU.MA]LGYankees & GIPPER feat. NOA
です。

小悪魔女子の曲です。

聴いてみてください☆

 

 

 

 

筆者からのお願い

復縁に悩まれてる方々に、少しでもお役に立つ情報をお届けできたらと、一生懸命 ブログ書いてます。

もし、よかったら ブログ内に

Facebook

google+

はてなブログ等

のシェアボタンを設置してあるので、ぜひポチッと押してシェアしてもらえると、とても嬉しいです。

あなたの力、少しだけお貸しください。

これからの励みになります!

 

 

.